2泊3日の車中泊ノマド旅行でわかった、コワーキング旅に必要なもの

人生で初めてのノマドワークの旅に出ています。

もちろん「仕事」なので家族は今回連れてこずに一人で奈良県のコワーキングスペースを渡り歩いております。

旅しながら生きていたい。そう願ったのは学生時代の頃。今その思いはかなり薄れているとはいえ、そうなれたらいいなと思う気持ちは完全には消えておりません。

実験的に「旅で稼げるのか?」を試すべく、今回奈良県の3箇所のコワーキングスペースを巡る旅をしてきましたよ。その時に実感した「コレ持っていくべきやったわ!」という反省を今回残しておきたいと思います。

車内ワーク環境を整えていくべき

今回3箇所のコワーキングスペースにお世話になったのですがどの店舗もだいたい営業時間が9:00〜17:00くらいです。やる気のあるノマドワーカー的には5時閉店はちょっと物足りなかった。5時に店舗を出て、ローカルの温泉に入って、赤提灯のお店に入ってご飯とビールをひっかけて、さあ、20時くらいから第二ラウンド!といきたいところです。

そうなると必然的に車の中での作業となるわけなのですが今回車中での作業を全く想定していなかったところが大きな反省点。

具体的に「これ持ってけばよかった!」と思ったものはまず、ソーラーランタン。

車内が明るくないとやっぱり何もできませんからね。そうそう、読書も本当はしたかった。

僕が普段愛用しているこのsuaokiのソーラーランタンは車内天井から下を照らすのにピッタリです。とにかくめっちゃ明るいし太陽光でばっちり充電長持ち。車のシガーソケットからも充電可能です。

上記商品は絶版になったっぽいので同様のものが欲しい方はこちら。

それから、せまい車内でPCデスクなんて広げられません。そんな悩みにはコレ。

車のハンドルがデスクになるやつ。

これ、たまたまコンビニの駐車場でとなりのサラリーマンが使ってたのを見かけたんだよね。SUGEEEE!!ってなってすぐ検索しました(笑)


照明とデスク。これは絶対に必須だったわ。

スポンサーリンク

ノマドワークには美味しいコーヒー必須

なんでしょうね、ノマドワーク×美味しいコーヒーっていう、定番のかけあわせ。

型にハマろうなんてこれっぽちも思わないタチなんですがあっさりと型にハマってしまいました。

美味しいコーヒー淹れるための必須道具たち。

まず、紙のいらないコーヒードリッパー。

それから、あとから加温もできるタンブラー。自らお湯も作れるから最強。

その他

あとは、強いて言えば湯たんぽとかあればもっと快適にねれたかな。

それから調理器具系。結局外食ばかりで出費が多くなってしまったのが反省点。

寝るのはルーフテントに寝たので宿泊費は浮いてるんですけどね。それを思うとちょっとくらい外食で贅沢してもいいかなぁ、なんて。

まあ、この辺はやりながら毎回ブラッシュアップして自らのスタイルを確立しようと思います。

また次回、改良したバージョンでお届けします!