警察に◯◯の落し物。飼うか。

ぼくの職場には旦那さんが警察署で働いているという女性がいる。

その女性が「森くん、鶏、いらん?」と聞いてきた。

詳しく聞くとその鶏は「落し物」として警察署に届けられ、きっと飼い主は現れないだろうということだった。

 

ぼくはちょっと考えて「いいですよ」と答えた。

警察署に電話してみると「6/10以降に来てくれたら保管責任はない。それ以前の引き取りだと3ヶ月は飼い主のために保管しなければならない」

と言われて6/10まで待つことにした。

 

卵は今のところ産まないということだったから、まあ捌いて食べてもいいか、という気分だった(ちなみに鶏を捌いたことはない)。

 

そうして一週間が過ぎ、警察署に引き取りに出向いた。

「いやあ、なついてきちゃってねぇ」

と担当の方は別れを惜しむようだった。

 

確かに鶏とその担当の方には何か通じるものがある様子で、鶏もどことなく寂しそうだった。

IMG_1443

(この首をぼくが切るのか…)

と、もらうそばから尻込みしてしまった。

IMG_1460

この日のお昼は「カオマンガイ」(妻の自家製ジンジャーソースだそう)

やっぱり鶏肉は大好き。

でも自分では捌けない。

だってかわいそうだし。

だから殺して捌くのは見知らぬ誰かにお任せちゃん。

いのちに感謝して口先だけの「いただきます」

 

 

でも…それでいいの?

 

IMG_1447

((とりあえず痩せてるし太らせてから考えよう))

 

この間、うちの駐車場に小鳥の死体がコロンと落ちていた。

庭に埋めてあげようと、手のひらに乗せて息子に見せた。

そうすると、息子はえんえんと泣き出した。

それを慰める妻もえんえんと泣いていた。

泣き止んで一緒に庭に埋めた。

しばらく経った今でも「トリさんお庭で寝てるの?」と息子は聞いてくる。

こどもはとても心が綺麗だ。

 

そんな息子の前で鶏を捌くなんて…

 

やっぱり無理かなー。。

とりあえず、1羽飼うのも10羽飼うのもそんなに労力は変わらないと聞くから、これを機に卵を産む若い鶏も飼ってみたいと考えている。

 

でも妻よ、お願いだからトリに名前をつけないでくれ。

(さっき「トリスティーナ」と呼んでるのを見かけた)