新たなポータブル電源「SmartTap ポータブル電源 PowerArQ」が出たよ!

81V0Mrn+rhL._SL1500_

こんにちはー!今日は大興奮の話題。

蓄電池フェチのわたくしモーリー(@yusukemori87)、新たなバッテリーをamazonで発見しました!

今日はそのスペックを見た感想をお伝えしますー!どきどき。

その名はポータブル電源 ・ PowerArQ(パワーアーク)

81V0Mrn+rhL._SL1500_

これまでsuaoki、ankerの「二強」だったリチウムイオンバッテリー業界に新たな刺客!

smart tap社のPower ArQが登場しました〜。smart tap社はこれまでスマホの車載ホルダーなどを扱ってきた会社。

top3-1200x300

引用:smart tap

それが一体なぜ、いきなりバッテリー業界へ?なんにせよ、かなりいい商品なので嬉しい限り!

見た目もかっこよくてスマート。

では機能面を見ていきましょー!

ポータブル電源では最大容量の600Wh!

81V0Mrn+rhL._SL1500_

Power ArQ

61Z9vAPvrTL._SX522_
suaokiポータブル電源
download

Anker PowerHouse

蓄電容量 600W 400W 434W
1Whあたり単価 ¥108.0 ¥112.2 ¥124.5

まず、この蓄電容量。群を抜いています!

そして、1Whあたりの単価が一番安いです。

この、最大容量が大きいというのは何を意味するかというと災害時等、より長く電気が使用できたり、より多くのデバイスが充電できるってこと。ちなみに600Whってのは10W消費するLED電球を60時間灯すことができるっていう意味。

こりゃ便利だー!

スポンサーリンク

300W(最大500W)の電気を取り出せる

18dc3a5a-6a75-4a23-8e81-e1dbcb28c758._SL220__

PowerArQのAC出力は300Wのハイパワー仕様。小型冷蔵庫やミキサーやジューサーだって動かせます。アウトドアや車中泊で今まで利用できなかった家電製品を持ち込んで、新しい思い出を作りましょう。

引用;SmartTap 

300Wの電力で動かせるものは結構あります。

家庭用冷蔵庫やドライヤー、洗濯機などは動かせませんが車載用冷蔵庫やミキサー、一部電動工具なども動かせちゃいます。

81V0Mrn+rhL._SL1500_

Power ArQ

61Z9vAPvrTL._SX522_
suaokiポータブル電源
download

Anker PowerHouse

AC出力 300W(最大500W) 300W(最大500W) 120W(最大160W)
電波形 正弦波 正弦波 不明

本当は500Wくらいの出力がほしいところでしたが現状では最高性能です。

また、取り出せる電気は正弦波の電気なのでロスが少ないのです。

d6b05205-aeb9-485f-92da-a440a5568ba4._SL220__

PowerArQは正弦波対応。引用;SmartTap 

 

ソーラーパネルからの充電

71AaR77yqgL._SL1500_

パネルからの充電に対応していますが、現状ではDC8mmポートが付いているパネルからしか充電できないとのこと。

対応機種はこちら。

でもこのパネル、すげー高いしどんなパネルにも対応してほしいですよね。

なのでそこは「う〜ん…」なところ。一般的なパネルのアダプタ(MC4コネクタ)対応のsuaokiのポータブル電源の方が優れていると評価せざるを得ない。

81V0Mrn+rhL._SL1500_

Power ArQ

61Z9vAPvrTL._SX522_
suaokiポータブル電源
download

Anker PowerHouse

MC4 × ×

 

が、しかし!

amazonを眺めているといい商品がありましたよ〜MC4コネクタをDCポートに変換するアダプタ。

51eeb-0W+4L._SX522_ 61hrpWL7nJL._SL1024_

これでいけるんじゃないでしょうかー!だとすればかなり使えそうですよ!

このケーブルが対応可能なのかメーカーさんに直接問い合わせてみますのでしばし結果を待たれよ!

 

その他スペック比較

81V0Mrn+rhL._SL1500_

Power ArQ

61Z9vAPvrTL._SX522_
suaokiポータブル電源
download

Anker PowerHouse

重さ 6.0kg 5.6kg 4.2kg
サイズ 19.2 x 30 x 24.1 cm 23x 14x 23cm  20x 14.5x 16.5cm
充電時間 〜8時間 〜9時間 〜9時間

 

一番容量が大きいので重量もあります。

が、suaokiと比べてもたった400gの違いなんですね〜

400gの違いで1.5倍の蓄電容量ならかなり優秀でしょう。

それから、注目すべきは充電時間!急速充電を可能にしたことによって容量が一番大きいのに充電時間は最短という、素晴らしさ。一家に一台、災害に備えて置いておきたいスグレものです。

スポンサーリンク

まとめ

正直僕は「パネルからの充電がDC8mmポートからのみであればナシ」だったのですが、

こやつを発見してしまって

61hrpWL7nJL._SL1024_

パネルからの充電が実現したら、「絶対”買い”」だと思っています。

パネルからの充電という点以外はどのバッテリーにも優っていると言えるでしょう。

実際に両方とも購入して、実験してレビューしたいと思います!乞うご期待!

81V0Mrn+rhL._SL1500_