シャンプー不要!?【湯シャン】を一ヶ月してみてわかったこと

こんにちは、モーリーです。

みなさん毎日シャンプーしてますか?僕は毎日していました。生まれた時からそうしているから、それが当たり前だと思ってきました。シャンプーを使わずにお湯で洗髪する妻を奇異な目で見ていました。

ところが衝撃のツイートを見つけましてビビりました。


これ、花王シャンプーの広告の歴史をまとめた4枚なんですが、古い順に

  1. せめて月に二回しよう(1932年)
  2. 週に一回しよう(1935年)
  3. 5日に一度はしよう(1965年)
  4. 毎日しよう(1983年)

と変化しています。

なんと!昔は週に一度、月に一度くらいが当たり前だったのか!

モーリー

え、俺花王に洗脳されてたの?
シャンプー嫌いな息子に「毎日シャンプーしないと頭臭いんだぞ〜」と言っていた自分の浅はかさを恥じて湯シャン実体験したいと思います。

一ヶ月間の湯シャン生活

湯シャンの作法はネットで調べるといろいろあるようです。温度は35度前後がいいだとかなんだとか…とりあえず僕は皮脂はできるだけ落としたかったので40度超の少し熱めのお湯で、シャワーの勢い強めで洗うことにしました。

数日そうやってシャンプー断ちしてみたんですが違和感なし。気になる匂いも大丈夫。

結局一ヶ月過ぎても全く違和感なく過ごせました。あれれ?あまりにもあっけない。これまでシャンプー使ってたのってなんだったの?

一ヶ月ぶりのシャンプー

パックスナチュロン 泡ポンプ式 シャンプー 500ml

一ヶ月のシャンプー断ちを終えた僕は愛用していたPAX NATURONのシャンプーで髪を洗いました。

一ヶ月ぶりだしさぞ気持ちよかろう…

しかし実際にシャンプーをしてみると僕は違和感を感じます。久しぶりのシャンプーでは

  • 泡立たない
  • 指通りが悪い
  • もはや絡まりそう

そしてシャンプーを洗い落とした後もギシギシとなんとも居心地の悪い髪の毛に仕上がったのです。

一ヶ月間のシャンプー断ちの末、僕はシャンプーを受け付けない体質になったようです。

なぜこうなった?

「洗い落とす」対象となる汚れ=皮脂はそもそもは頭皮を守るもの。シャンプー(界面活性剤)で「ゴシゴシ」こすると皮脂は完膚なきまでに落とされます。

日々シャンプーで皮脂を完全に落とす日本人は、頭皮を守るために通常の皮脂サイクルよりも過剰に皮脂が分泌されます。だから、1日シャンプーを抜くだけでギシギシ・ゴワゴワになってしまうのです。

湯シャンでは皮脂を適度に落とします。お湯だけでも皮脂汚れは7〜8割ほど落ちるそう。残り2、3割は頭皮を守るのに必要なもの。湯シャンに切り替えることで皮脂の分泌サイクルが正常に保たれてお湯だけでもいい体質に変化します。

シャンプーを使い続けるとシャンプーが必要な体質に。
湯シャンを続けるとお湯だけでも大丈夫な体質に。

体質が湯シャンに適応されたところに急にシャンプーを使うと前述のような「違和感」が出てくるのです。

「普通の」シャンプーはやめよう

試しにやってみて「意外と大丈夫」と思った湯シャン。芸能人でも実践する人は数名いるようでタモリさん、福山雅治さん、YOUさんらが湯シャン派を公言しているそうです。

モーリー

もうみんな湯シャンでいいんじゃない?

とはいえ全ての人がすぐに湯シャンに移行するというのも現実的でもない。じゃあどんなシャンプーだったらいいだろうかというのを考えてみようと思います。

僕は以下の側面からシャンプーは使用しないほうがいいと考えています。

  1. 頭皮へのダメージ
  2. 環境への影響
  3. 動物実験

それぞれを詳しく書くまでもないと思いますが、全てをクリアしたシャンプーを使うなら僕は「あり」だと思います。それは天然由来成分でできていて、動物実験もしていないシャンプー。探せば色々とあると思うけどここでは2つだけご紹介します。

PAX NATURON(パックスナチュロン)シリーズ

パックスナチュロンシリーズは植物由来の天然成分を主原料としています。ヤシ油、ひまわり油、オリーブオイルを主原料としているものがあります。

私たちがお届けしている製品はすべて、
肌や髪にやさしい天然の植物油を主原料としてつくられています。
人と自然にいいことだけを考えて、石油由来の合成界面活性剤や防腐剤、
合成香料、合成着色料は一切使っておりません。

PAX NATURON

ナチュラル系の中では一般流通しているイメージがあり、価格も抑え気味。僕のゲストハウスでも導入しています。

みんなでみらいを 米ぬか酵素シャンプー

成分は米ぬかと小麦ふすまのみという究極の無添加シャンプー。コンセプトも素晴らしい!

私たちのおもい名前のとおり、地球のみらいをみんなでつくるというコンセプトです。つくればつくるほど環境が良くなり、使えば使うほど健康になり、流しても環境負荷をかけないだけでなく、改善するような生活を提案しています。

みんなでみらいを

ぜひこういった企業は応援したいですね!

湯シャンはまだ早い…という方はまずはこういった天然成分のシャンプーに変えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ちょっと強引なまとめかもしれないけど湯シャンはいいことだらけ!

  • 皮脂分泌サイクルの正常化
  • 環境負荷ゼロ
  • シャンプーへの出費ゼロ
  • 匂いも気にならない

ただ、やっぱりシャンプーを使ってた時の髪の毛サラサラ感はないかも。女優のyouさんを見ても、確かにシャンプー使ってなさそうな感じはする(個人的には好きですけど)。

僕としてはこの7月から湯シャンを始めて、真夏の一ヶ月をシャンプーなしで乗り切れたのでもうどんな季節でも湯シャンで行けそうな気がしています。

ちょっと気になるなぁという方はぜひ週1シャンプーから始めてみては?

どんどんシャンプーを使う頻度を下げていくというやり方もおすすめですよ!