立体的な間取り図を描くならfloorplannerで決まり!素人の僕でも簡単に3D間取りが作成できたよ

こんにちは空き家フェチなモーリーです。

フェチがフェチにフェチって宅建士資格まで取得しちゃったぜよ…

いつかこの資格が使われる時が来るのだろうか。

そういうわけで立体間取り図が簡単に作れるサイトを発見しました(飛躍)。

こんな立体間取りが本当に感覚的に簡単に作成できちゃうんです!

floorplanner(フロアプランナー)がいい理由

さて、色々と間取り作成サイトを比較してみたのですがこれが一番僕の中でグッと来ました。

  • ソフトをダウンロード不要なこと(サイト上で作成します)
  • 感覚的に操作できること
  • デザインのバリエーションが豊かなこと
  • 平面図を立体図に起こしてくれること

などが理由だったんですが、単純に作成例を見て「こんなん自分でも作ってみたい…!」と思ったのでした。

いやいや、言うてもこんなん作れないでしょww

って思うじゃないですか。

結論から先に言うと作れます。これらの例として挙げたもの、時間をかければ全部作れると思います。

でも時間をかけなくても最低限のものが作れます。実際ぼくの作った間取り図は30分もかかりませんでした。

マジで簡単!!

びっくりですよ。これまでこういう図を作成するのを専門職としてやってきた人は青ざめるんじゃないかな。

専門知識や専門の技術ってどんどん不要になってきている昨今。

こないだうちに泊まったカメラマンの方も、「もうiPhoneXがあればカメラマン必要ないですよ、あれはカメラマン殺しだ」といったことを自虐的に言っていました。

adobeのイラレやフォトショの勉強とかも不要になる時代が来るだろうね〜

floorplannerの使い方

使い方はもうほぼ感覚的にわかります。

以下のチュートリアル動画を一回見たらだいたい理解できると思う。

《使い方解説》

まずは真っ白いキャンバスがあります。

そこに大枠を描く。

その内側に各部屋を描いていく。

すごいのが、このフロアの質感を豊富なバリエーションから選べるんですよ。

畳、タイル、コンクリート、それから床材の材質もたくさんの種類が用意されています。

それから、家具なんかも選んで設置できます。風呂桶や台所のシンクなどもあるんですよ!

部屋と部屋の間の「ドア」や「窓」を挿入。そしたらほぼ完成。

これを360度立体でグリングリンと見ることができます。この、グリングリンがかなり感動です。

でも、画像として保存できるのは静止画だけで、臨場感溢れる360度立体図は保存できません。

有料版だと保存できるのかな?

6つの角度から指定して、3D画像を保存することができます。

そうやって保存した画像がこちら。

これの製作時間はほんの30分程度。ちゃんと創り込んだらものすごいのできそうです!!

宿を運営している人はぜひ

僕はゲストハウスを運営していて、air bnbというサービスから主にお客さんが予約をしてくれているのですが(つまりいつもホスト)、

先日初めてゲストとしてair bnbを利用しました。その時、どこに泊まろうかな〜と探すのがとても楽しかったのですが、だいたいどこの宿も間取り図を掲載していない!ことに気がつきました。

そのときは2家族で泊まったので間取りのことがかなり気になったんですね〜。

そうでなくとも、間取りって気になりません?僕だけ?

泊まる側になって初めて気づいた、間取り図の大切さ。

たった1時間以内で作れるんだから、それで集客UPに繋がるんだから、これは使わない手はないと思いますよー!

 

ということで、ぜひ使ってみてくださいね。僕ももっといろんな機能を使ってみよー!



好きが高じてトイレを商品化!