【トイレ商品化への道】試作3号機、ほぼ完成形が見えてきたぞ!

こんにちはモーリーです。

いま挑戦中の、コンポストトイレ商品開発のセルフクラウドファンディングの締め切りが迫ってきました。

なんだろう、この独特の緊迫感…1年前にもクラウドファンディングに挑戦しましたが、あのときと同じで今回もずっとそわそわ、どきどき。

あー、やばいやばい、心臓が痛い。笑

というわけで試作3号機はこんな感じ!っていうのをざっくりご説明しますー!

スポンサーリンク

「フリーストップ蝶番」が大活躍だ!

試作第三弾はこんな感じです〜

未塗装もなかなかよいね!木目が美しい熊野杉。

前後2箇所ずつ、計4箇所「ぱっちん」と呼ばれる「蓋ロック金具」で止めています。

今回注目していただきたいのは便座。形を変えてみました。

なぜかというと、上蓋、下蓋を下の写真のように蝶番で止めたかったから。

これによって上蓋が任意の場所で止まるようになりました。

さらに、前回の課題だった、「全開け」のときに上蓋がパコーンと開かないようになりました。(でも蝶番の力が弱くて徐々には開いてしまう)

メンテナンスで、セパレーターのみを洗う時は便座の上蓋、下蓋をあけます。

中間板には溝が彫ってあって、ただ置いてあるだけなのでとっても取り出しやすいです。

 

そして今回は大小分離セパレーターも、少し加工してみましたよ。

じょうごとジョイントしています。これで、おしっこの排水口にホースをつなぐことができます。

スポンサーリンク

次への課題

だいたい完成が近づいてきたかなーって感じだけど、やっぱり中の自然にカエルを取り出して交換する時に便座の上蓋が勝手に開いてしまうのでそこはもう少し強めのフリーストップ蝶番を取り付けて対処したいところ。

あとはちょっとしたことなんだけど、自然にカエルを取り出す時に指がギリギリもしくは引っかかるので箱の寸法をもう少し縦に広くしようかな。

まあそんなとこです!

完成間近!マジか!



好きが高じてトイレを商品化!