ポータブル電源で始める簡単オフグリッド!知識いらずで明日から電力自給ライフ

こんにちは。オフグリッドな古民家ゲストハウスを運営しているモーリーです。

今日のお話は、香川県の小さな島からオフグリッドを学ぶために、

わざわざikkyuを訪れてくれた二人の女性からインスピレーションを受けて記事を書きます。

お二人が口を揃えて言ったのは「まずは、自分が使うケータイとかノートPCの電力くらいは自給したいよね」

IMG_5981

[voice icon="http://ecobaka.com/wp-content/uploads/2017/10/IMG_1080-e1508636296482.jpg" name="モーリー" type="l big icon_yellow"]それめっちゃ簡単![/voice]

というのが今日のおはなしです。

スポンサーリンク




特別な知識が不要!手軽なオフグリッド。

僕が一番おすすめしているのは「ポータブル電源」とソーラーパネルの組み合わせです。

ポータブル電源とはリチウム蓄電池を使用していて、軽量化された大容量バッテリーのこと。

"持ち運べるコンセント"みたいなものですな。無電源地域での作業や災害時、キャンプの時も活躍します。

写真引用;anker power house

数あるポータブル電源の中でもソーラー充電可能なものがあります。

そういったポータブル電源と、ソーラーパネルを組み合わせるだけで、オフグリッド自家発電ができてしまうのです!

以下、ソーラー充電可能なポータブル電源の一例です。

【蓄電量400Wh以上クラス】

  81V0Mrn+rhL._SL1500_

Power ArQ

61Z9vAPvrTL._SX522_
suaokiポータブル電源PS5B
download

Anker PowerHouse

suaoki g400

ソーラー充電対応

×

MC4コネクタ対応 MC4変換ケーブル開発中
2018年リリース予定
◯(参照 ×  △(参照

【蓄電量150〜250Whクラス】

 

suaoki ポータブル電源 S270

suaoki ポータブル電源 S601

Rockpals ポータブル電源

iMuto M5 Ah ポータブル電源

AC出力 別売インバーター必要
ソーラー充電
mc4コネクタ対応 別売りケーブルで対応?※参考 × ×

この中からどれを選んだらいいの?

今日はそんなあなたの疑問に応えるべく、オフグリッド自家発電にオススメのポータブル電源をご紹介します!

スポンサーリンク




生活の中でオフグリッドしたい方へ。実用的なポータブル電源はこれだ!

キャンプ時や災害時の備えだけでなく、普段の生活で電力自給のライフスタイルを実践したい方はぜひ、

MC4コネクタからの充電にも対応した機種を選んでください。

まず、ソーラーパネルには大きく分けて屋根に乗せる「固定用パネル」と

外出時に持ち運べる「ポータブルパネル」に分けられます。

それぞれで、出力の端子が違ってくるので注意が必要です。

パネルの種類と出力コネクタ
  • 固定用ソーラーパネル→MC4コネクタ
  • ポータブルソーラーパネル→DCポートやUSB

多くのポータブル電源は、ポータブルパネルからの充電を前提としていますのでMC4コネクタに対応している機種は非常に少ないというのが現状です。

そんな中でMC4コネクタに対応する3種類をご紹介します。

  81V0Mrn+rhL._SL1500_
Power ArQ
suaoki ポータブル電源 G500 137700mAh/500Wh 家庭用蓄電池 純正弦波 液晶大画面表示 三つの充電方法 ソーラー充電 ACコンセント(300W 瞬間最大600W) DC/USB/Type-Cなど出力 急速充電QC3.0搭載 車中泊 キャンプ 防災グッズ 停電時に 12ヶ月保証
suaoki”G500″
61Z9vAPvrTL._SX522_
suaokiポータブル電源PS5B

suaoki ポータブル電源 S270

蓄電容量  600Wh  500Wh  400Wh  150Wh
 値段  ¥64800  ¥59880   ¥44800  ¥13280
 Whあたり単価 ¥108.0  ¥119.76  ¥112.2  ¥88.53
 最大出力  300W(最大500W)  300W(最大500W)  300W(最大500W)  150W
ポータブルソーラー対応  ○  ○
MC4コネクタ対応 MC4変換ケーブル開発中
2018年リリース予定
 ○  ○

これらの中でもsuaokiのこちらのポータブル電源。これがいちばんオススメです!

これは僕が知る中で最高性能のポータブル電源です。

 

このsuaoki PS5Bの魅力についてはこちらの記事にて存分に書いておりますのでご参考くださいませ!

関連記事のIDを正しく入力してください

残り3つの機種もなかなかいい商品です。

我が家の充電風景。屋根に乗せたパネル(113W発電)から充電しています。

電気を取り出しているところ

固定式パネルは何と言っても安いです。

ポータブルパネルに比べて発電量100Wあたりの単価が半額以下になります。

普段の生活で電力を自給するなら、庭か屋根に固定式のパネルを設置して、MC4対応のポータブル電源を用意すると初期投資が安くなりますよ。

よかったら以下の記事もご覧になってみてください(^ ^)

関連記事のIDを正しく入力してください

関連記事のIDを正しく入力してください

 

パネルとバッテリーだけを用意して「お手軽オフグリッド」始めよう。

さて、MC4コネクタ対応のポータブル電源を用意できたらソーラーパネルを用意しましょう。

おすすめはソーラーオフさんかオフグリッドソーラーさんの中古パネル。中古で十分です。

amazonにも安いパネルがありますね。こちらの商品は僕も購入しましたが元気に発電してくれています。

久しぶりに日が照ったのでお外に出して充電してみました。

繋いでいるのはペラペラの、90W発電のフレキシブルパネル(ガラスケースに入ってないやつ)。

ペラペラのやつは屋根に載せれない代わりに、持ち運びが簡単でキャンプなどにも使用できますね。

IMG_3398

IMG_3397

朝10時時点で48W発電。お昼頃にはもっと発電するでしょう!

必要なものはパネルとポータブル電源のみ。

たった2〜5万円から始める「お手軽オフグリッド」、最初の一歩にオススメです!