クラウドファンディングを終えて〜まずは結果報告

こんにちはモーリーです。

トイレ商品化事業のクラウドファンデイング、なんと!なななんと!

200万円の目標を達成いたしました〜!!本当にありがとうございます。

夢のようでございます。

12/29から始めたこのクラウドファンディング、55日間のチャレンジでした。

苦しいことも、嬉しいことも、本当にたくさんありました。

クラウドファンディングについて思うこと、もっとこうすべきだったなとか、これはやってみてよかったなとか

そういった総括はまた次の機会に。誰かの役に立つ形でじっくりとまとめたいと思います。

今日はとりあえずの結果をご報告しますー!

スポンサーリンク

ご支援総額

多くの皆様にご支援をいただき最終的に217万9,350円の事前購入・ご支援をいただくことができました!

推移は以下のデータにまとめてみました。(グラフにカーソルを合わせると数字が見えるよ)
※amazonほしいものリストからのご支援や個人的寄付はグラフには反映しておりません

支援プランは15000円〜80000円と大きく幅があったのでいい意味で動向が読めませんでした。

最終日に目標到達するとしてもギリギリかなと思ったらググッと伸びて218万円まで。これには驚きでした。

というか、2日前の2/18を終えた時点で約150万円だったので「二日であと50万円は無理だろうな…今回は目標達成は難しいだろうな」ってなかば諦めていました。

しかし、最後の2日で約67万円のご支援の猛ラッシュ。すごく嬉しかったです。

たぶん、企業でのクラウドファンディングであれば最終日にものすごい勢いで、

あらゆるプラットフォームや広告を駆使して「シェア」の追い込みをかけるんだろうけど、

僕の場合はそんなプラットフォームや広告にかけるお金を持っていないのでもう皆様の力に頼るしかありませんでした。

だからこそ、皆様の力で得られた最後の追い上げにはより価値のあるものだと思っています。

応援いただいた皆様、本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

ご支援内訳

今回ご用意した支援プランは以下の5つでした。

RELIFE本体 8万円
大小分離セパレーター 16000円
DIYキット 3万円
RELIFE試作品 6万円
ikkyu宿泊券 15000円

この、それぞれの注文数は以下の通りです。

RELIFE本体 14台(112万円)
大小分離セパレーター 10台(16万円)
DIYキット 18台(54万円)
RELIFE試作品 4台(24万円)
ikkyu宿泊券 5枚(7万5000円)

計213万5000円

そのほか、個人的なご寄付(¥10000)とamazonほしいものリストからのご支援(¥34350)がありました。

この見返りのないご支援は全体からの割合で言えば少額にはなるのですが、とても嬉しい気持ちになりました。本当にありがとうございました。

【クラウドファンディング】amazonほしいものリストからのご支援はなぜか温かい

2018.02.17

ご支援者数

ご支援いただいた人数は57名様でした。

支援プランが少ないしニッチだしで「支援しにくい」という声も聞かれましたが、そんな中でたくさんの方にご支援いただきました。

また、たくさんの方に「シェア」していただきました。516シェア。

自分でこのプラグインを設置しておきながら「シェア」の定義がよくわかりません。

Facebookでの「いいね」数も反映されているような、純粋なシェアも含まれているような…

でもなにかの指標にはなるかと思い、今回も導入してみました。前回オフグリッドゲストハウスを立ち上げるときのクラウドファンディングでも同様のプラグインを設置したのですがそのときは1.9Kシェアでした。

前回の方がシェアされていたので、シェアしていただいた皆様には感謝しつつ、そこはちょっと今回の反省点。

「視覚的みやすさ」を追求してこういう形でのクラウドファンディングにしてみたけど、あれれ、文章型の方がシェアされやすいのかも?

まあ内容もニッチだったしね。一概には言えないところがむずがゆいなぁ。

まとめ

そういう訳で、

ご支援金額 217万9,350円
ご支援者数 57名さま
シェア数 516

という結果でございましたよー!

その他の考察などはまた改めて記事に残したいと思います。それではまたー!



好きが高じてトイレを商品化!