僕たちの最優先事項は「SURVIVE」である

いまあなたは何を最優先して生きていますか?

もしあなたがお子さんをお持つ親であれば、どんな大人になってほしいと願い、どんなふうにその願いを子育てに反映していますか?

僕は明確な答えを持っています。それはSURVIVEです。生き抜くこと。

僕は自分の意思表示のためにゆくゆくは海外移住も検討中。こんな国で国民やってられるか!と思うことがあまりにも多いと感じる昨今。

無自覚に生きていると殺される

吸い込む空気が汚染されていて

多くの食べ物にマイクロプラスチックが含まれていて

添加物の許容範囲が世界一広くて

放射性物質を含む食材が普通に流通していて

スーパーで買う食べ物が本当に食べれるのか判別のつかない状況で

まだ、子ども達に「立派な企業に就職してお金持になるのが人生の答えだ」という過去の常識を平然と語っている人が多い、多すぎると感じます。

 

2011年に僕は初めてこの国が「やばい」ことに気がつきました。

それ以降注意深くこの国の為政者を観察していると、政治が僕たちの命を守ってくれるなんていうことは全くありえない話で、むしろボケっとしてたらこの国に殺されるという危機感すら感じずにはいられません。

あの原発事故後の対応もずさんなもので、国民の健康を顧みない「企業優先」の決定がなされました。

事故以前には「放射性廃棄物」として処理されていた100bq/kgという基準値が、事故後には100bq/kgまでの食品は食べてもいいということになった。え、それまで厳重に黄色いドラム缶で処理されていたレベルのモノを食べてもいいの?

ar130405 / Pixabay

そして熊本での大地震の際には隣県の鹿児島川内原発を停止しませんでした。あの状況でも国民の安全管理よりも企業の利益を優先することに呆れと恐ろしさを感じました。そもそもあの事故を経験してもこの国は「原発再稼働」だし(そもそもそんな政党を支持してしまうこの国の民度よ)さらに原発を輸出までしようとしてる。しかも核廃棄物を日本が引き受けるっていう条件でね。

特定の企業の利益のために日本全体が「世界の核廃棄物のゴミ箱」となろうとしているとしか思えません。


他にも2011以降のアベ氏の率いる政治のやり方は何というか何かに向かって「焦り」を感じる。

特定秘密保護法、安保関連法案、憲法改正(未遂)、これらはいかにも戦争に向かうということを明らかに示しているし

TPP推進、種子法廃止、水道民営化、消費税増税など国民を苦しめる可能性の高い法案が次々と可決されています。

しかもこの多くが審議なしの強行採決


僕はこの国に無自覚に生きていると殺されると本気で思っています。しかもじわりじわりと気づかないうちに殺されるパターン。

よくない方向に進んでいるのは誰が見ても明らかな状況で僕たちはこれまでの価値観をアップデートしなければなりません。自分の命は自分で守るしかない。そして、お金では本当の意味で命を守ることはできない。

スポンサードリンク

やるべきことはESCAPE

気づいた人から地方へ移住して自分で作物を育てたり、知り合いの農家から野菜を買うという生活にシフトしています。

これはESCAPEです。中央から逃れること。都会の汚染された空気から離れること。できるだけ工場で生産された食べ物を買わないこと。TVを見ないこと。消費生活と適度な距離を置くこと。

消費生活をしているところに「悪政」の入り込む余地があります。

ところが消費生活をしない、あるいは国が発行した貨幣を使わないのであれば悪政の入り込む余地はぐっと減ります。昨年仮想通貨が流行りましたが僕は「地域通貨」にとても可能性を感じます。


そうやって「小さなお金で豊かに暮らす」人が増えるということがこの悪政へのいちばんの攻撃になると僕は思っているし、より幸せに暮らす人が増えることに繋がると思います。


もっと言ってしまえばそもそも「日本人」をやめてしまうということがこの悪政への最大の反撃です。

国民をやめるということは税金も納めないということ。この国へのNOという意思表示のもっともわかりやすい一票です。

戦争しない平和な国のはずなのに、ステルス戦闘機に1兆円が使われるということがありましたがそんな税金の使われ方は明らかにおかしいし国民は聞いてないしその1兆円でいま仮設住宅に暮らしている人に住む場所を作ってあげてくれよ…もっとやるべきことがあるだろうに!!

転々と生きる力を身につける

今の日本のどこに向かっているのか怪しげな状況危険物を「直ちに影響はない」と言って食べさせられる状況を踏まえるともう、いつでも出て行く準備だけはしといた方がよさそうです。

このままだといつ戦争が起きてもおかしくないし、原発がもうひとつどこかで爆発しても政府は何一つ僕らを助けてはくれないということは容易に想像できてしまいます。

ぼくのおじいちゃんはよく言ってました。「昔一度お金の価値がなくなって、それまでのお金は紙切れになった」と。

そんなどんでん返しがいつまたやってくるかわかりません。

そうなったときに「お金を稼ぐスキル」は無価値です。本質的に「何が起きても生きていける」スキルこそがどこにいても身を助けます。


何かあって日本をescapeしなければならなくなったときに大切な人を守れるように本質的に生きること。これが僕にとってこの時代に生きる上での最上の価値です。

さらに

  • 有事の前にあらかじめescapeしておくこと
  • 日本円が有効なうちに拠点を海外に移して土地を購入したり環境を整えることに投資すること

といったことも僕は視野に入れています。

これが僕のSURVIVEの戦略です。もう学歴とか大企業とかそういった価値観、もとい「常識」は意味を失いつつあります。

ここでもう一度冒頭の質問。

いまあなたは何を最優先して生きていますか?

もしあなたがお子さんをお持ちであれば、どんな大人になってほしいと願い、どんなふうにその願いを子育てに反映していますか?