協力隊合宿「アウトドア事業の始め方」レポート。全てのアウトドア事業者必見の学びがあったよ

どうもモーリーです。

先日「協力隊による協力隊のための研修合宿」と称して合宿イベントを企画しました!

それが思った以上に問い合わせ・反響があり、また、実際に参加していただいた方の満足度がかなり高かった!

われながらいい企画だったなーと悦に浸っております。参加者の皆さんに支えられて終始和やかでエキサイティングな会となりました。

今日はそのレポートと、今後の企画について!

今回の合宿の内容

今回は新宮市で「川遊び」をメインコンテンツとしたアウトドア事業を立ち上げた佐竹さんを講師にお招きしての合宿でした。

講師紹介
くまの・川遊び部インストラクター
佐竹剛(さたけたけし)さん。

12493940_10153156826591736_4873137633844835026_o

1976年生まれ、大阪市出身。大学でワンダーフォーゲル部に入り登山の楽しさに目覚める。林業に関わる仕事に就くため和歌山県職員となり、紀南地方で生活しながら休日には熊野の山に登る生活を続ける。次第に熊野の滝や川の素晴らしさに気付き始め、転勤の際に本宮町に住まいを移したことをきっかけに、より多くの人に熊野の川の素晴らしさを知ってもらおうと「くまの・川遊び部」として活動を始める。Facebookで活動を発信し、開始から3年目にはフォロワーが15000人を超える規模となる。平成29年春から独立起業し、ガイド業を中心に熊野の魅力を発信し来訪者を増やすための活動を本格的に開始する。現在独身(笑)

佐竹さんからアウトドア事業のノウハウと、ブランディング方法を学ぶことがメインの合宿でした。

初日は交流会

合宿1日目は各人の活動報告会。

IMG_0844

これがまた、すごく面白かったんです。皆さん地域の特性を活かして、独自の活動をされていて聞いてて飽きませんでしたね。特にやっぱり、協力隊として3年目くらいの方はもうまとめの時期ですから、かなり厚みが増してくる感じがしました。

IMG_3970

人の話に関心したり、自分を省みて反省したり、みんなでディスカッションして考えを深めたり。

予定より1時間オーバーでしたがかなり濃い時間を過ごしました。

 

この日の夜はバーベキューです。

IMG_3991

参加者の女性ハンターが持参してくれたジビエ肉とビールで乾杯です。

 

そのほかにも、串本町からマグロの胃袋の差し入れがあったり日本各地の食が楽しめるのもこの合宿のいいところだと感じました。

それにしても遅くまで語り尽くせず飲みましたなー!

スポンサーリンク

いざ川遊び!

最初の川遊びスポット、一の滝へ

今回行ったのは新宮市高田の「一の滝」

高田水力発電所で車を停めて、20分ほどハイキングコースを歩きます。

道中の美しい景色は下のスライドショーでお楽しみいただけます!

 

見えてきました、一の滝。

IMG_4073

ライフジャケットを締めて、いざ川へ入水。

IMG_4054 P1220267

一の滝での川遊びのようすをスライドショーでお伝えします。

川遊びの合間に温かいお茶とお菓子がさりげなく用意されていました。

これも、佐竹部長の嬉しいお気遣い。1時間弱の滞在時間でしたがかなり楽しめました。

スポンサーリンク

次なるスポット、桑の木の滝へ

桑の木の滝は新宮市高田にある、「日本滝100選」に選ばれた名瀑。

でも、知る人ぞ知るという感じで観光地化されてないのがまたいいんですよね〜。

また、ハイキングコースを15分ほど進みます。写真は途中の吊り橋。

IMG_4099

滝にたどり着きました。その神聖さにため息が出ます。

P1220731

ここでも大いに遊びました。

大の大人がこんなにはしゃいでいいのでしょうか!?ってくらい、大はしゃぎ。

(写真はスライドショーになっています)

全力で遊びました。最後はみなさんこの満足顔!

P1220748

川遊びに学ぶ

さてここまで遊びまくった感じしか伝わってないと思いますが(笑)

あくまで「アウトドア事業を学ぶ」というのが今回の趣旨。

 

参加者のMさんからはこんな感想をいただけましたよ。

アウトドア事業を、自分と地域に合う形で無理なく行うにはどうしたらよいかを知りたくて参加しました。自分が客となって楽しむことで、ガイドをする上で大切なことが学べました。

学びが多かったようです(^ ^)

僕としての今回の学びは「これは単なるアウトドア事業ではない、むしろ写真館の仕事だ!」ということ。

 

どういうことかと言うとですね、自然と触れ合う瞬間って、自分でも見たことないようなほころんだ表情をしてるんです。

その瞬間を、バッチリ撮ってくれる。

P1220377 P1220461 P1220387

大人になっていつの間にか常にこわばった表情でパソコンとにらめっこの日々。

「あれ、最近いつ心から笑ったかな…」

そんな自分でも、ああ、こんな表情がまだできるんだな。って再確認できる。
心から楽しんだー!という記憶を、ちゃんと記録してくれる。っていうのが今回特筆するべき価値だったかなと思うわけです。

川遊びで一度楽しみ、写真で二度楽しめる。

自然が最高の表情を引き出してくれて、自分史上最高の写真を残してくれる。

そしてそれをSNSでアップすることで「なにそれ私も川遊びやりたい!」っていう人が続出。

そうやって、佐竹さんの「くまの川遊び部」は20000人のフォロワーを築いたんですね。お見事!腑に落ちました。すべてのアウトドア事業者よ、写真館であれ。

総括

今回やってみてすごく楽しかった。楽しすぎました。参加したみんなの表情がこちら。

IMG_4114

このイベントが最高に楽しかったことをこの一枚が物語っているよう。

結論から言うとこのイベントはシリーズ化してまた第二回、第三回と企画しようと決意したのですが、

この合宿が良かった点をあげてみると

  • 他地域の協力隊同士で繋がる
  • 自分のナリワイづくりのヒントになる
  • 合宿は楽しい!

ていうのが大きなところかな。でも、これだけじゃ語り尽くせないほどに意義ある2日間でした。

次回は11月上旬予定!11/9〜11の二泊三日くらいでできないかなと画策中。次回のテーマはまた別の「ナリワイ」に直結するものです!最新情報要チェックです☆

 

今回ご参加いただいた皆さん、そしてご協力いただいた方々、ありがとうございました!

 



好きが高じてトイレを商品化!