【完売】中古ルーフテント売ります!

森さん 贈呈用¥WKYM_0945

車中泊は男のロマン。こんにちは、モーリーです。

2017.9.15追記;完売しました。たくさんのお問い合わせをありがとうございました。

突然ですが約1年愛用したルーフテントを売ります!

森さん 贈呈用¥WKYM_0945

なぜなら、ゲストハウスをオープンした際に購入したマツダボンゴ(通称ボンボン号)にも標準装備のルーフテントがついていたからです。

IMG_3988

 

キャンピングカーは一家に一台でじゅうぶん。

これまでアクティに乗っけていたルーフテントを売ることにしました。

スポンサーリンク

ルーフテントで可能性を広げよう!

田舎暮らしにおいてルーフテントはかなり僕たちの生活を潤してくれました。

新宮市内に飲みに出かけた時は丹鶴城跡の駐車場で宿泊して朝を迎えました。

img_3161

そう、気兼ねなく飲みに出かけられる。

これは車社会の田舎暮らしにおいて革命的な生活の変化でした。

 

それから、東京キャラバン。いろんな道の駅やSAに宿泊しながら自炊しながらの旅はかなり思い出深いです。

IMG_2097 IMG_2046 IMG_2144

旅行は嫌い。旅が好き。そんな僕たち家族には最高の相棒でした。

もちろん、宿泊代が浮くという、最大のメリットもあります。

都内で一泊しても家族3人で1800円!

IMG_2098

それから、夕方に妻が思いつきで「海に遊びに行きたい」と言った時も、寝袋と歯ブラシだけ持って泊まりで遊びに行けました。ルーフテントがあると遊びに門限がなくなります。「駐車場があればどこでも泊まれる」というのはかなり行動範囲広がりますよ。

IMG_1744

 

ルーフテントの空間について

広さはたたみ一畳ぶんくらい。親子三人が寝るにはきついので僕は車中で寝てました。

母子だけルーフテント泊。でも、思ったより広いですよ〜。

IMG_1365

 

さらに、閉じた時に少し空間ができるのでなんと寝具を入れたまま閉じることができます!

これが何を意味するかというと、キャンプなのにお布団で寝ることができる!ともすれば寝返りができてしまう!家で寝るのと変わりないほどに快適に寝ることができます。寝具の持ち運びが不要になるのも、荷物が減っていいですね◉IMG_1091

あ、ちなみにこの閉じた状態からぐりぐりとハンドルを回してテントを立ち上げるのですが所要時間は2分ぐらい。サクッとですよ、サクッと。

スポンサーリンク

お値段!

新品・正規の値段はこちら!

price011

株式会社ダイキHPより引用)

で、今回僕のは中古ですし、この半額以下の13万円で販売しようと思います!

いまアクティに乗せているぶんと、あともう一つ倉庫に眠っているものがありますので先着2名様です。

両方同じ値段です。

また、アクティに乗せている方を、車ごと購入したいと言うのもOK。箱バン便利です。まだまだ走りますとは言えませんがもう少し走ってくれそうな車です。荷台に家財道具積んでテントを寝室にしたらもう家要りません。ホームレスになりたい人必見。値段は応相談です。

森さん 贈呈用¥WKYM_0979

相談は森まで

yusuke_m10@yahoo.co.jp

080-1297-0758

追記;在庫は一つ残っています(9/1現在)

追追記;在庫なくなりました(10/25現在)

ただし、現在5件ほどのお問い合わせをいただいています。「保留」はいたしません、先に買うと決断した方にお譲りしようと思います。見学は受け付けています。場所は和歌山県新宮市熊野川町です。

また、在庫商品が傷、汚れなどが多少目立ち、雨漏り補修もしているため1万円値引きしようと思います!

お値段12万円。いかがでしょうか。

なかなか中古は入手しづらい商品です。

ぜひこの機会に思い切っちゃってくださいー!

もし売れたら…!

ここからは完全に余談なんですがもしルーフテントが2台とも売れたらボンボン号を「てんぷらカー」に改造する費用の足しにしたいと考えています。

テンプラカーとは、てんぷら油で走る車です。ディーゼル車を改造することでてんぷらカーにできます。この改造を手がける岩本さんという人が和歌山市内にいて、以前にお会いしたことがあるのですが全国のいろんな車を手がけているそうです。あの廃材天国秋山さんのボンゴも岩本さんが改造したもの。

ぼく個人の話になってしまいますが、ぼくはソーラーパネルのみで電力をまかなっているゲストハウスを運営していて、いつバッテリーがなくなってお客さんにご迷惑をおかけするか正直ビクビクしながら運営しています。

でも、ボンゴはバッテリーが3台もついていて、ボンゴがてんぷら油で走るとバッテリーも満充電されます(もちろんガソリンで走っても充電されるのですが、ガソリンで充電されたバッテリーを使うのは何か違う気がする…変なこだわりですね)。

3台あれば、24時間は余裕で持ちこたえます。

ゲストハウスのバッテリーやソーラーパネルを増設することも考えたのですが、同じお金を払ってボンゴをテンプラ仕様に改造することの方がバックアップとして優れているのではないか、と思い、改造に踏み切りたいと考えました。

 

よかったらご協力をお願いします!!

 

森さん 贈呈用¥WKYM_0945