テーブルソーは安く「自作」しよう

自宅を工房化してるんですけど、無駄にこだわっちゃうモーリーです。

怒られない範囲で素敵空間に仕上げようと思っています。

 

何を隠そう、トイレの生産のためにいま工房を改装中なんですが、

いろんな工具も導入しようと思っています。

その中で購入を検討しているものがあるんですが、その中でもいちばん悩んでいるのがこちらのテーブルソー。

E-Value 木工用テーブルソー 255mm ETS-10KN

amazonで買うと安いものでも20000円くらいかかって、

信頼のmakita製のものを買いたいんですがそれにいたっては50000円以上するんですよ…

う〜ん、どうしようかなぁ、奮発して買っちゃうか!とポチる寸前。

友人(浅田くん)のインスタグラムに衝撃の投稿を見つけました。

テーブルソー自作してるーーー!笑(写真が5枚くらいあるのでスライドして見てみて)

鋳物足踏みミシン台×丸ノコで #テーブルソー DIY🛠🔥 #丸ノコ やと細い直線カットや小物、同寸法連続カットにすごく時間がかかり、また危険な作業になる事が多い… けど市販のテーブルソーは高い… なので既にある丸ノコ×頂き物の足踏みミシン×端材で作りました‼️✨ ミシン部分を取り外して天板を付けて、丸ノコを裏からボルト留めしています。 丸ノコとしても多用するので、取り外し出来るのはもちろん、それを繰り返しても取り付け寸法が狂わないようにしています。 ガイドも手作りなので市販品ほどの使いやすさは無いですが、きっちり寸法出せば下手な安物より高精度にカット出来ます! また土台が鋳物でしっかりしてるのでグラつかず、足踏み部分を踏んで固定出来るのでカンナ台としても使えます。片付ける時メッチャ重いけど😱 これから小物作りがはかどります‼️🔥 #三重 #尾鷲 #梶賀 #DIY #足踏みミシン #ミシン台 #カンナ台 #作業台 #和風 #wafu #JAPAN

aksign_26さん(@aksign_26)がシェアした投稿 –

こ、これはヤバい、天才すぎる…!

この発想はなかった。

スイッチ制御があるからミシン台を使うメリットは大きいですが、

普通の台にスイッチは後付けで行けばいいし、安くあがりそう!

普通の丸ノコであれば5000円くらいで購入できるし。

それから、こんな便利なものも見つけました。

高儀 EARTH MAN 3WAY ツールスタンド

これは、自前の丸ノコと組み合わせてテーブルソーのように使えちゃうっていう商品です。

ちょっと小さいのでそこが使いにくいかなーとは思いますが、これはなかなかいいですぞ!

いやぁ、いろいろ調べるとテーブルソー買うのやっぱ高いな!

いくらでも別の手段があるっていうことがわかった。

テーブルソー問題、解決したらまたご報告しまーす!