オフグリッドゲストハウスikkyuの発電設備のスペックやかかった費用など、全貌をお見せします

こんにちはモーリーです。オフグリッドな古民家ゲストハウスを運営しています。

「かかった費用は?」「どのくらいの発電設備なの?」という質問を結構いただくようになったので今回まとめてみます。

自家発電にご興味のある方はぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

ソーラー発電のスペックと費用

僕の運営するゲストハウスはオフグリッド自家発電で電気をまかなっています。

オフグリッドというのは、電線から外れていること。つまり自家発電のライフスタイルのことを指します。

僕のゲストハウスではソーラーパネルでの自家発電システムを取り入れています。

天候に大きく左右される発電方法なのでいずれは別の発電方法と組み合わせたいと思っていますが、現状、5日間くらい雨続きでも問題なく運営できているのでダラけています(笑)

パネルのスペック

ゲストハウスikkyuのソーラーパネルは200W×5枚、113W×6枚で全部で1678Wぶんのパネルを使用しています。

パネル総量
  • 200W×5
  • 113W×6
  • 計1678W

ゲストハウスikkyuの電気系統は2系統に分かれていて(12V系列、24V系列)

113Wパネル4枚で第一系統(照明、モデム)

200Wパネル4枚で第二系統(冷凍庫、冷蔵庫、照明)

をまかなっています。

それ以外のパネルの使徒ですが

113Wパネル×2→ポータブル電源に直接繋いで充電

200W×1枚はドライヤーや洗濯機、電動工具など100V製品を動かすための予備バッテリーに蓄電

というスタイルです。

パネルの使い道はこちら。

  • 200W×4→24V第二系統(照明、冷凍庫、冷蔵庫)
  • 200W×1→予備バッテリー(100V家電用)
  • 113W×4→12V第一系統(照明、モデム)
  • 113W×2→ポータブル電源充電用

ソーラーパネルから直接充電できるポータブル電源は便利ですよ!

ikkyuにはコンセントがないので、宿泊のゲスト用に「はいこれコンセントです」といってお渡ししています。

ソーラー充電可能なすごいヤツ!suaoki ポータブル電源 S270 13500mAh/150Whを試してみたよ!

2017.12.26

パネルの値段

ソーラーパネルのお値段の相場は100W=¥10,000といったところ。

しかし、ヤフーオークションやソーラーオフオフグリッドソーラーなどのサイトから訳あり/中古パネルコーナーを探すと100W=¥5,000くらいのものがたくさんあります。

よかったら以下の記事を参考にしてみてください。

意外と安い!ソーラーパネルをお得に買う方法を伝授します!

2017.08.15

それで、実際に僕が購入したのはヤフオクの「訳ありパネル200W×5枚セット」でした。

1000W相当で¥45,000くらいで購入できたので普通の相場の1/2で購入できた感じです。

113Wパネルは、なんとソーラーパネル設置会社の社長さんからのご寄付!国内メーカーのものなので買えばかなりお高いやつですな。

特殊な形をしているのは三角形の屋根に対応するためのものです。仕入れたものの使う現場がなくて倉庫に眠っていたんだとか。

写真引用;http://www.sankei.com/west/news/160627/wst1606270073-n1.html

心意気のある、とても素晴らしい会社です。ソーラー見積もりをお考えの方はぜひ、プレジャーハウス様へ!

プレジャーハウスHP

パネル費用
  • ¥45,000

バッテリーのスペックと費用

バッテリーは結構悩みました…ゲストハウスでお客様を泊めるのでかなり多めに入れたつもりです。

実際5日連続で雨が続いても停電はありませんでした。

¥13,000のバッテリーを合計15個導入しています。

スペック

15個の配置は以下の通り。

  • 第一系統→4個(全て並列)
  • 第二系統→10個(5直2並)
  • AC100V用予備バッテリー→1個

1個の蓄電量が1.38kWhなので15個で20.7kWh蓄電できます(理論値)。

また、ポータブル電源も導入していますが、これはあくまでお客様用で、あってもなくてもいいものなのでここでは計算に入れておりません。

スペックと値段
  • 総蓄電量20.7kWh
  • 総経費約¥195,000

チャージコントローラー

チャージコントローラーは3つの系統に一つずつ導入しています。

チャーコン経費
  • 約¥39,000

スポンサーリンク

合計金額は…

これまで計算したものをまとめると以下のようになります。

総経費
  • ソーラーパネル¥45000
  • バッテリー¥195000
  • チャージコントローラー¥3900
  • 合計¥279,000!

といった感じです!これで、だいたい雨が5日続いても大丈夫。

ですが、明らかに1年前に導入した時とインジケータの減り具合が速くなっているので、いつまでこのバッテリーが5日分の電力を蓄えてくれるかわかりません。

そのうち3日分になり、1日しかもたないってことになってくるんだろうな…

となるとしかるべきタイミングでバッテリーの総入れ替えが必要になってきます。

数年に一度、数十万クラスの出費が襲ってくるので注意が必要です。

 

そういうわけで、ゲストハウスikkyuの発電事情でした!

何かご質問等ありましたら直接メールを送っていただくか、ツイッターのDM/@メンションで!



好きが高じてトイレを商品化!