【イベント】糞土師(ふんどし)伊沢正名さんとトイレ作家モーリーがうんこでコラボ(うんコラボ)!9/28はikkyuに集合だ!

こんにちは、トイレ作家のモーリーです。

なんと!今月!ついに!心の師匠、伊沢正名さんを熊野にお招きして講演会を開催します。

いやぁずっとお会いしたかった方。

ノグソ哲学者×コンポストトイレ作家の対談

いったいどんなお話になるのやら?

今日はその詳細をお伝えします!

糞土師・伊沢正名さんって誰?

伊沢さんはうんこを土に還すことが循環の入り口だと説き、普段の生活でノグソを実践している方です。

写真引用;野糞を続けて43年 「奥さんよりもウンコを選んだ」伊沢正名の信念

伊沢さんが最初にノグソを始めたのは1974年。

それからずっとノグソ達成率90%以上を維持しているそう。

どうしてここまでノグソにこだわるのか?その裏には強烈で、そして優しい思想があるのでした。

伊沢さんがトイレウンコを忌み嫌うワケ

伊沢さんは主義として絶対にトイレウンコはしません。

都心にいても、神社や公園の陰でコッソリとノグソをします。

野糞歴は43年。完全に野糞だけで過ごした最長記録は、2000年6月1日から2013年の7月15日までの13年間。

最後は都内でお腹を壊して駅のトイレを使い、連続記録が途絶えてしまったそうです。

伊沢さんはどうしてここまでトイレウンコを嫌うのでしょうか。

うんこの素は食べ物です。じゃあ食べ物とは何か?肉とか魚とか穀物とか野菜とか、動物、植物、つまり生き物ですよね。ということは、多くの命を奪って、その動植物の命を自分のものにして生きているわけですね。その残りカスをウンコにして出しているワケです。その残りカスのウンコを、要らないものとして出しているけれど、実はそのウンコが他の生き物の命に生まれ変わる。この輪廻転生のスタートラインにあるのがウンコなんだと。引用;スペクテイター〈26号〉

 

トイレの場合、その命の残りカスはどうやって処理されるのか。

バキュームカーなどで回収されたし尿は微生物処理された後に水分は消毒され河川放流、残った「汚泥」は石油で燃やして灰になりセメントの原料となるそうです(※1)。

 

だから、ノグソとトイレウンコというのはまるっきり反対の方向へ行っちゃうんですね。しかもノグソをすれば100%それが命に蘇る。トイレにしたら、新たな化石燃料まで使って環境を破壊して、死の世界、セメントにしちゃう。この大きな差ってものすごいですよね。引用;スペクテイター〈26号〉

 

 

僕たちは自分が出す「うんこ」がどうなってるかほとんど知りません。

「だから平気でトイレウンコができるんだ」と伊沢さんは強烈に批判します。

うんこを命として土に還すことが、人間がまた循環の世界に戻るための入り口なのかもしれません。

伊沢さんは「ウンコは人間ができる唯一の地球への恩返し」だとも言います。

地球からいただいたものを、必要な分だけ吸収して、残りは地球へお返しする。

これが当たり前となる社会を伊沢さんは目指しています。「うんこで革命を起こすよ」。

モーリー

なんという哲学的ノグソ!痺れたっす。

伊沢さんの哲学をコンポストトイレに込めて

伊沢さんの哲学に触れた当時24歳の僕は田舎暮らしをしたら絶対にうんこは土に返すんだと意気込みます。

しかし、実際に野山をかきわけてする「ソレ」は僕にとってはちょっとハードルが高かった…そこでコンポストトイレというものに出会います。ネットで作り方を調べて実際に作ってみてわがやに導入してみたのですが「案外におわないしこれならノグソより普及することができる!!」と活路を見出します。

その後3年の月日が経ち、試行錯誤の末に実際にコンポストトイレを商品化することができました。

伊沢さんの哲学から僕のこの事業が始まった、と言っても過言ではありません。

ずっと会いたかった方。今回熊野にお招きできることをものすごく楽しみにしています。

イベント詳細

さて、それではイベントの詳細なのですが以下のように決定しています。

 

糞土師講演会
トイレでうんこは絶対しない!
ノグソを続けて43年。糞土師(ふんどし)・伊沢正名さんが熊野ikkyuにてご講演されます!伊沢さんが逆境にも負けず、意地でもノグソを続ける裏にある優しい哲学とは…?

伊沢さんってどんな人?
http://ecobaka.com/fundo-phylosofy/

また伊沢さんの「哲学的ノグソ」ではトイレットペーパーは使いません。紙は自然の中で分解されにくいからです。そこで伊沢さんは様々な葉っぱで「拭き心地」を試し、世界初、お尻目線の植物図鑑を出版されました。
当日、講演会のあとには伊沢さんと周辺の散歩をして、自然の中から拭き心地のいい葉っぱを採集するワークショップを行います。

「糞土思想」が地球を救う 葉っぱのぐそをはじめよう
https://amzn.to/2NBY12D

会場;guesthouse ikkyu

日程9/28(金)14:00〜17:30

★☆当日タイムスケジュール
13:30〜開場
14:00〜講演開始、質疑応答、休憩
16:00〜葉っぱ採集WS
17:30頃解散予定

★☆参加費
ドネーション制(※物でもお金でも気持ちでも)

★☆秘密の第3部
29日の朝、野山に分け入り、実際にノグソWSもやります!
奮ってもよおしちゃってご参加ください。詳細は後日♫

 

目玉その1;伊沢さんと葉っぱ採集ができる

伊沢さん流のノグソではお尻を拭うのに紙は使いません。紙は土に埋めても分解が非常に遅く、長い間その場所に残ってしまうからです。そこで伊沢さんは「葉っぱ」でお尻を拭きます。長年さまざまな葉っぱで拭き心地をテストして、なんと、世界初!「お尻目線」の葉っぱ図鑑を一冊の本にまとめたのです。

「糞土思想」が地球を救う 葉っぱのぐそをはじめよう

イベント当日は講演のあと伊沢さんと実際に森を歩きます。そして拭き心地のいい葉っぱを一緒に採集するWSを受けることができます。コレ、講演よりも超楽しみです(笑)

目玉その2;実際にノグソするよ!

まだ詳細は確定してないのですがなんとイベントの翌朝!伊沢さん流のノグソ作法を実際に野山に分け入って習うというディープなワークを企画しています!是非二日間ともご参加くださいませ!

まとめ

そういうわけで伊沢さんとモーリーのうんこラボ企画、ぜひご参加ください。

また当日はカメラマンにも協力していただいてイベントの様子や、モーリーと伊沢さんの対談を撮影してもらう予定です。これを機にyoutube活動を始めていけたらなーなんて考えています(結構本気)。

遠くてこれないやーという方もぜひご注目ください。

それではお楽しみにー!