2017年

新年あけましておめでとうございます。って遅いか。
もう2017年に突入して2週間が経とうとしている。
かなり出遅れた感があるけれど、今年の目標とか抱負みたいなのを残しておきたいと思う。どの記事もそうなんだけどこのブログは「誰かに読んでもらうため」ももちろん大事なんだけどなにより「自分用メモ」としての機能が大きいことを先にお断りしておく。今年の年末に再度読み直してどれだけ達成できたかチェックしたいと思っている。


今年は地域おこし協力隊としての最終年度となる。
総まとめの年だ。いろいろと苦しい思いが多かったけれど、最終年度くらい自由に暴れよう(すでにだいぶ自由と思われてるかもしれませんが…)。好きなことをやって給料がもらえるという夢の期間ももうあと一年。皆様の血税によりかなりぬくぬくとさせていただきましたがまずもって目に見える「結果」を残すこと。そしてその後も継続的に食っていける収入基盤を形成すること。これらを確立することが今年の最大のポイントとなる。

 

vision1ゲストハウスを2人体制で軌道に乗せる

昨年末にクラウドファンディングに挑戦しましたゲストハウスプロジェクト。多くの人に支えられて来月オープン予定です。このゲストハウスは1日2組限定の宿。BARは一般のお客さんも来店可能で旅行客と地元客の多様な交流が生まれる場になればいいなと思っている。
しかしひとつ問題がある。ぼくが対人恐怖症なのだ。「おいコラ」とツッコまれそうなんだけど、以前京都でBARをやっていたときに確かに感じたことだ。対人恐怖症、というと少し違うかもしれない。「初めまして恐怖症」という方が正確である。ただでさえ、初めての人ってすごく気を使う。ましてやトンカツを揚げながら、カウンター越しに相手との距離感もわからないままおしゃべりするのはぼくには恐怖であった。ぼくは要領が悪いのか、同時にひとつのことしかできないタチなのである。
だからできたらぼくはカウンターの客席側に座って「いつも呑んだくれてるマスター」になりたい(マスターなんて歳じゃないけど)。そうして初めましての方と旅の話や人生の話を語り合い、毎晩うまい酒を飲むのだ。そのためにこのゲストハウスは2人体制で運営したいと思っている。だれか同じビジョンをもった仲間いないかなあ。
人を雇い、かつ自分の家族も養える事業にしたい。

vision2食料の自給

田舎に移住して2年半くらいが経つ。移住した最大の目的は食料・エネルギーの自給。しかしこの間いったい何をしていたんだろうと思うほど、まったくもって進歩が遅い。畑は借りても荒らし放題。苗だけ買っては収穫に行く余裕なし。農業に関しては本当に何も進歩していない。だから今年はしっかりと農業をする。
それから鶏を飼う。卵の自給のほか、鶏をさばいて自家用の肉も自給する。
狩猟もしたいけど今年は無理。免許だけ取りには行くけれど。2度鹿を殺したことがあるけれど、さばいて食べるまでが大変だから鶏で満足できたら狩猟は別に無理してしなくてもいいと思っている。鹿肉うまいけど。

vision3トイレ生産ビジネス

地域おこし協力隊の最終年度は「起業支援金」として100万円が充てられる。毎年の「活動費200万円」と合わせると300万円もの使えるお金がある。ゲストハウスのお風呂と納屋二階(スタッフ寮予定)がまだ未改修なので半分くらいはこの費用に充てる予定。残りの150万円くらいでもう一個事業を立ち上るんだけど、ぼくの愛するコンポストトイレを商品化して販売していきたいと思っている。
クラウドファンディングでたくさんの人がこのゲストハウスを知ってくれて、いろいろな問い合わせをいただいたんだけどトイレに関する問い合わせがいちばん多い。やっぱり今のトイレウンコに疑問を持つ人は多い。地球から命をいただき、愛を大地にお返しするコンポストトイレが「循環」への入り口だと思っている。そんなトイレを自主制作し、販売していきたい。

コンポストトイレ。攪拌するので臭わない。

ゲストハウスのトイレは「自然にカエル」と大央電設工業さんの便器を組み合わせて作った。
原価だけでも⒎万円するが、全て自主制作することによって5万円程度の販売価格で流通できないかと考えている。

 

vision4お気に入りの車を買う。そして廃油カーに改造する

ここ数年、お金がない生活をしてきた。でも幸い我が家には車が2台ある。3台所有している時期もあった。そのどれもがありがたいことにもらいものである。しかし、そろそろ自分の好きな車に乗りたい。新たな家族も誕生したことだし、ゲストハウス業ではお客さんを送迎しなければならない。車を買うタイミングが来た。
車種はハイエースワゴンがいいなと思っている。燃料はディーゼル。なぜならディーゼル車はてんぷら油などの廃油で動くように改造できるからだ。熊野川町はいま菜の花で町を活性化しようと試みている。その、菜種からしぼった油でうまいチキンカツを揚げ、その廃油で車が走るなんてこんなに素晴らしいことはないじゃないか!!まあでも、結局は排ガスで環境破壊は避けられないんだけど。現状の最良ってことで!

vision5飛ぶ

ぼくには「翼」が名前にある。「飛んでこそゆーすけやろ」と昨年何人にも言われた。ここ数年動けなさすぎてかなり精神衛生が悪くなっている。今年は飛ぶ。もう少しぼくに実力が付いてきたら、講演、オフグリッドアドバイス、地域ビジネスコンサルなどで各地からお呼ばれしたい。地に足つけるとか、その土地に根を張るとか、そいういことが美徳とされる世の中、ぼくもそうありたいと考えてはいたんだけどやっぱり無理だ。ってことを友人に言ったら「芸術家は常に動き続ける」と言われてなんか嬉しくなった。そうか、おれは芸術家なのか。(←勘違い)

仕事として各地からお声がかかるよう、精進します。


 

いまいちばん欲しいのは仲間

募集してますー!一緒に「地球一個ぶんの暮らし」を追求する仲間がほしい。。
連絡ください。080−1297−0758

森雄翼

 

 

 



好きが高じてトイレを商品化!